FAXDMは、法人の新規開拓、販路拡大の営業活動のひとつとして、安価な販促手段です。しっかりと活用すれば、短期間に見込み客リストを手に入れることができます。FAXDMを使って効果的に集客する方法をご紹介します。

「法人リスト」は、様様なターゲットに合わせて、業種別、地域別、ジャンル別の企業名簿を販売しております。

■効果的なFAXDMポイント1わかりやすい簡潔なデザイン

FAXDMでは、なるべく大きな文字でハッキリと表現するようにしましょう。

小さい文字や写真などを掲載しても、文字がつぶれてしまったり、写真が真っ黒にでてしまったり、解読不能になります。 FAXDMでは、“伝えたいこと”だけをシンプルに(わかりやすく)簡潔にお伝えするようにしましょう。

■効果的なFAXDMポイント2FAXDMならではの特性を生かして

折込み広告や郵送DMなどの広告媒体と異なり、FAXDMには「即効性」があります。 キャンペーンやイベントの集客にも力を発揮します。

■効果的なFAXDMポイント3FAXDMを送信する日時は慎重に

送信するお客様の業種や状況によって、FAXDMを送信する日時を決定しましょう。

一般企業の場合、土日は社員不在であったり、週明けの月曜日は忙しいなどの状況が考えられます。 FAXDMを送信したい相手の状況を十分に考えて、実施するようにしましょう。

■効果的なFAXDMポイント4FAXDMを送信する時間帯も考える

法人向けの場合、午前中の仕事の集中する時間は避け、15時以降の比較的ゆっくりした時間帯を狙うなどの工夫をするようにしましょう。

■効果的なFAXDMポイント5 クレーム対策をしっかり

FAXDMの原稿の末尾部分には必ず「お詫びの文章」を入れるようにしましょう。 FAXDMは相手先のFAX機のトナー・紙を無断で使用する側面がありますので、クレームが発生しやすい広告と言えます。

「今回のみの送信となります。」などの文章を必ず入れるようにしてください。

また、継続的な送信をお考えの場合は、返信欄に「今後FAXの送信は不要」というチェックボックスを必ず入れるようにしましょう。

■効果的なFAXDMポイント6 FAXDM販促の反応を分析する

FAXDM販促を実施する際には、ABCの3種類のデザインや表現方法を準備し、段階的に3種類の反応率を分析します。

まずタイプAで1000件分送信して5件、タイプBで1000件分送信して12件、タイプCで1000件分送信して3件だったとします。

一番効果を上げたタイプBのデザインで残り7000件分を送信します。

自分だけの経験や感に固執せず、客観的に分析したものを活用します。

■効果的なFAXDMポイント7—キーワードが2

文章の中に入れると効果的なキーワード、それは、「無料」と「限定」です。

「無料サンプル」または「無料レポート」や「無料小冊子」などが、とても反応がいいのです。お客様のメリットとなることを考えましょう。

「先着50名限定で無料サンプルを差し上げます」と明記するだけで、反応率が変わってくるのです。そして、もうひとつ、期限を設定しましょう。〇〇日までに、などをいれるとさらに効果的です。

「法人リスト(企業名簿)」の活用法等、ご相談ください。貴社の営業戦略に役立ちます。