「法人リスト(企業名簿)」では、企業のメールリストもご提供しております。封筒やハガキの郵送、テレアポの営業活動よりも人件費、時間のコストを下げることができます。営業メールの効果をアップさせる3つのポイントと、営業効率アップが期待できるメール配信の方法を伝授します。

 新規開拓、販路拡大の営業メールとは、メールで営業活動を行うそのものことです。会社や個人のところへ足を運んで直接顔を合わせる営業方法が最善だと思われることも事実かと思いますが、営業効率を考えると、1日に1人の営業マンが1000件を見込み客訪問することは、困難でしょう。メールDMを活用して、新規顧客開拓に効果を上げる方法を知っておくことは賢い営業マンとしては、知っておくべきことではないでしょうか。

新規開拓の営業メールDMには、メリットだけではなくデメリットも存在します。新規開拓営業メールDMの一番の重要なことは「メールを読んでもらう」というところです。知らないところからのメールDMは、顔を合わせてやり取りを行うわけではないので、コミュニケーションが取りにくく良い印象を持ってもらうのが難しいというというのがよく合うることです。

新規顧客開拓営業メールDMの効果を上げるためには、ポイントを知っておく必要があります。メールDMを作成する際にポイントを意識したメールを作成して営業メールDMの効果をアップして、ビジネスチャンスに繋げていきましょう。

ポイント① 新規顧客開拓のメールタイトルが重要!

新規顧客開拓営業メールDMは、送付先の見込み客になり得る方に開封をしてもらい文章を読んで頂かなくてはなりません。しかし、販路拡大の営業メールDMを送る相手の経営者様やご担当者様は、毎日大量のメールを送受信されているかもしりません。このメールの山からあなたが送ったメールを読んてもらうためには、「タイトル」でその方の心を鷲掴みすね必要があります。

タイトルは、簡潔明瞭で見込み客が求めている情報を含めて、すぐに理解できる内容にする必要があります。開封率をあげること、これが新規開拓、販路拡大のメールDMのタイトルに必要な条件です。

ポイント② 書き出しの最初の2行で決まる本文作成

本文の書き出しが、季節の長々としたご挨拶であったり、自社の業務内容を延々と説明しても、見込み客の経営者様やご担当者にとっては、時間の無駄のひと言です。

本文は、簡潔明瞭に、そしてその上で、何を伝えたいのかをしっかり説明すること。

・誰宛のメールか → 経営者、経理担当者、営業担当者、人事担当者等

・何を伝えたいのか → 新商品、キャンペーン、訪問営業のアポ等

・メールを見てもらったらどうして欲しいのか  お問合せ、来社、購入等

ポイント③ 信頼を得る

新規開拓営業メールDMでは、実際にまだ顔は合わせていないので、文章だけで判断それます。メールを送る方も読んでいただく方も同じ人間です。どんな人間像だったら、話を聞いてもいいかなというのは、結局は同じことです。

人間として、社会人として

・信用できる人か

・親しみを感じられるか

・自分と同じ波長か

・この人、この企業なら話を聞いてみたいと思ってもらえるか

・対応力、スビート感は、あるか

上記のような文章であれば、読んで頂けると思います。

法人メールリスト(企業名簿)を活用して、新規顧客開拓、販路拡大の営業活動をご検討されていらっしゃる経営者様、営業ご担当者様、ご相談ください。

お問合せは、当サイトの「お見積りのご依頼」から送付くださいませ。